弊社は日本人向けのプロな貿易サービスを提供しております。日本市場向け商品のOEMや小ロットのご注文も承っております。弊社は主にアパレル、バッグ、アクセサリー、デジタル関連製品、日用雑貨など日本で人気のある商品を取り扱っております。弊社は専門のスタッフを手配し、お客様に同行し、広州にある様々な卸市場でご要望の商品をご購入頂く業務に対応できます。同行のスタッフは通訳の役割を果たせるだけでなく、地元市場の状況もよく分かり、買付の経験もありますので、母国語である中国語で地元の卸業者とうまく交渉できます。


買付の流れ

1)市場視察、商品買付
事前に調査、仕入れしたい商品のリストを作成し、ジャンル別に纏め、効率よくジャンル別に各市場へ調査します。
調査また注文予定商品はカメラにて写真を撮り、単価、ロット数などを記入、後日オーダーまた納品の時に確認に使用します。
弊社に貿易代行サービスを依頼の場合は、同時に通訳サービスの依頼もお勧め致します。
買付同行通訳を経て、工場、卸業者と商談します。
2)打ち合わせ
最終日または帰国前日、仕入れサポート費用、現地で買付けした商品の内容と金額を確認し、弊社が発注リストに纏め、発注書の一部コピーをお客様に渡し、精算を行います。
商品代金全額或いは30%の前金をお預かりいたします。
現地発注ではなく、帰国後の発注になる場合は、仕入れサポート費用のみ請求させていただきます。
通訳担当と商品オーダー内容、商品代金、手数料などのお支払い方法、及び検品、出荷方法、インボイスの書き方などについて、打ち合わせを行います。

3)帰国後の発注また追加発注(リピートも同じ方法)

写真付きで、発注数量、単価、また商品の詳細要求を弊社の担当にメールでご連絡ください。
弊社はお見積もりまたは従来の発注リストに追加訂正します。
4)前金送金
お見積もりを確認し、弊社に送金手配を行い、送金後送金控え(ネットの場合は、送金画面コピー)を弊社に送ってください。現地で支払っている場合は、これを省略します。
5)商品発注
弊社がお客様の代わりに業者に発注を行います。現場発注の場合は、これを省略します。
6)商品入荷、確認、検品
買付けした商品が予定通り続々入荷し、弊社が納品確認と検品業務を行います。全数検品サービスを依頼しない場合は、弊社は、商品確認、抜き取り検品のみを行います。
7)商品集荷、梱包、書類作業
買付けした商品全数を弊社広州倉庫に集荷完了し、弊社は梱包作業、輸出書類を作ります。
8)請求書作り、送金依頼
梱包作業が完了後、買付け荷物の重さ、体積を算出し、お客様が指定した運送方法でお見積りを提出します。
9)残金送金
弊社が提出した請求書を確認後、お客様が弊社指定口座へ送金手続きを行います。既に全額預かり金で請求額をオーバーしている場合は、送金する必要がありません。
10)出荷
お客様の入金を確認完了し、ご指定の運送方法で出荷いたします。出荷後、通関書類は弊社よりお知らせいたします。DOORTODOOR運送の場合は、直接ご指定の届き先に送ることができます。通関必要な船便やエア便は通関、国内運送業務が必要です。